目の健康と美容|認知症は予防すれば乗る時代の幕開け|年齢に打ち勝とう
レディ

認知症は予防すれば乗る時代の幕開け|年齢に打ち勝とう

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の健康と美容

頬を触る女性

疲れ目を放置しない

疲れ目をそのまま放置して、症状が悪化、進行したものが眼精疲労と呼ばれます。眼精疲労の主な症状には、激しい目の疲れや痛み、かすみや乾き、それにともなう充血や視力低下、まぶたの痙攣などがあります。さらに、目の症状だけに留まらず、自律神経にも影響し、イライラや抑うつの症状がでたり、肩こり、頭痛、吐き気、食欲不振などの症状が出ることもあります。また、お肌にも悪影響をもたらします。目の下のクマができる要因のひとつに、疲れ目が引き起こす血行不良があります。目を酷使し続けることによって、目の下の筋肉と神経に疲労がたまり、目の周囲の血行が悪くなりクマができてしまうのです。眼精疲労を解消することは、美容にも良い効果をもたらすことにつながります。

目に良い栄養素

疲れ目は自然に回復しますが、悪化して眼精疲労に進行してしまうと、自然治癒が難しくなります。目の疲労を感じたら、早めに疲労をため込まないように改善しておくことが大切です。目の疲労を改善するために、自分でできる予防法としては、まず目を休めることが大切です。パソコンやスマートフォンなどで目を酷使している場合は、たまに遠くを見るだけでも良いです。また、目に良い効果をもたらす栄養成分を摂取することがあげられます。目の健康に良い効果をもたらす栄養素は、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなどのビタミン類が挙げられます。その他の代表的な栄養素としては、アントシアニンやルテイン、タウリンに亜鉛などが目に良いとされています。食事だけで補うことが難しい場合は、サプリメントを上手に活用すると良いでしょう。