天然由来の栄養で症状改善|認知症は予防すれば乗る時代の幕開け|年齢に打ち勝とう
レディ

認知症は予防すれば乗る時代の幕開け|年齢に打ち勝とう

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然由来の栄養で症状改善

顔を覆う女性

体も心も楽にする

更年期というのは、女性の体が衰え出産が終わる年代になると体に大きな変化が起きる状態です。老化が進み、ホルモンバランスが崩れることで体も不調が起きやすく精神的にも不安定になりやすいです。更年期は、全ての女性に起きるものではなく人によっても症状が酷い場合もあれば軽い場合もあります。病院で治療を受けることも出来ますが、基本的に西洋薬は一つの薬が一つの作用をするので複数の症状がある場合はいくつも薬を服用することになります。しかし、漢方であれば複数の症状を改善する作用があるので体質に合えば複数の薬を大量に飲まなくても良くなるのでその分体にも優しいと言えます。漢方は、体を健康にするだけでなく心も癒します。

症状別に選ぶこと

更年期の症状に合う漢方を選ぶことが何より大事になります。人によっては、更年期になると体がだるくて起き上がることが出来なくなったり、体が火照って眠れなくなったり、動悸やめまいがひどいなどといった様々な症状が出ます。一般的に多い症状として、イライラやのぼせ、不眠などが挙げられます。こういった症状に適している漢方が、芍薬や甘草、生姜などの生薬が含まれたもので血を補う役割をするものが良いと言われています。血は、体に酸素と栄養を運ぶ重要な役割をしますが女性は不足がちで年齢を重ねてから不足することもあります。そのため、血を補うことで体にたまった熱を放出させて体温を適度に保ち精神も安定させることが出来ます。